子宮とエラスチン

人体の中で最もエラスチンの割合が多い部位は、子宮です。

実にその9割が、エラスチンでできているといわれています。

 

それゆえ、季令エラスチンカプセルを摂られたお客様からも、
毎月の生理をはじめ、子宮に関する変化があったという報告を多くいただいております。

 

毎月の生理が、あるべき周期に落ち着いたり、
生理痛が緩和されたという方が特に多くいらっしゃいます。

 

赤ちゃんを授かったという妊娠報告をいただくこともあり、
そんなときが特に「季令を作ってよかった!」と心から思う瞬間。

 

この3月に念願の第二子を出産された、季令の取扱店である京都府の寺尾様が、
ご自身の経験をブログに書かれていますので、ご紹介させて頂きますね。

 

私の妊活軌跡

 

エラスチンと子宮についての研究はまだまだ少ないのが現状ですが、
お客様からの声をいただくたびに、
赤ちゃんを望む方には試していただきたいと切に思う、季令のエラスチンカプセル。

 

今後の研究が期待されます。