エラスチンとは?

コラーゲンは知っているけど…

エラスチンとは、お肌をはじめ、身体のさまざまな部分に弾力や伸縮性をもたらす繊維状のたんぱく質です。
お肌のハリと弾力といえば、コラーゲンを浮かべる方が多いと思います。
コラーゲンは真皮全体の実に約70%を占め、お肌を丈夫にかたち作る役割を果たしています。
しかし、お肌は丈夫なだけではなく、弾力や伸び縮みをする機能も求められます。
そこで、ゴムのような性質を持つエラスチンが、コラーゲン同士をしっかりと結び付けて、ハリと弾力をバランスよく与えているのです
機能的には、真皮の70%を占めるコラーゲンを下支えする、大切な役割を果たしています。

 

img02-clear

エラスチンは身体のどこに存在するの?

エラスチンの語源は、英語の  [Elastic:弾力のある、伸縮自在の]  という言葉。
そのことからもわかるように、身体の中で弾力や伸び縮みが必要なところに存在しています。
エラスチンが多く含まれるのは、お肌、子宮、血管、じん帯、肺、など、いずれも弾力性や伸縮性が求められる部分です。

お肌(真皮に2%~5%)

お肌は、表面から順に表皮、真皮、皮下組織の3層から成っています。
エラスチンは、コラーゲン、ヒアルロン酸とともに、真皮層に存在します。
真皮層の2%~5%を占めるエラスチンは、同じく70%を占めるコラーゲンを網目状にしっかりと結びつけ、お肌を下支えしながら、ハリと弾力を与える働きをしています。
エラスチンによってコラーゲンがしっかりと網目状に構成され、その間に水分を保つヒアルロン酸が存在することで、美しく健康なお肌が保たれています。

重要な働きをするエラスチンですが、体内のエラスチンの量は、26歳ごろをピークに減少が始まり、40歳を過ぎると急激に少なくなると言われています。
エラスチンが減少すると、コラーゲン同士の結束が崩れ、しわやたるみが生じてしまいます。
40代になるとお肌の悩みが増えてくるのは、このためです。

子宮(約90%)

子宮にはさまざまな役割がありますが、もっとも大切な役割は「赤ちゃんを育てるお部屋」ということかもしれません。
女性にとって大切なこの器官には、エラスチンが90%も含まれています。
なぜこんなにエラスチンが含まれているのでしょう。

普段の子宮は鶏卵くらいの大きさですが、妊娠中はその20倍、30倍にも大きくなります。
出産時には赤ちゃんの通り道ともなり、産後には元の大きさに戻ります。
このように子宮には、状況に応じた、しなやかな伸縮性が求められるからです。
エラスチンが潤沢であるからこそ、子宮としての役割を果たすことができる、
とも言い換えられるのではないでしょうか。

血管(約50%)

エラスチンは動脈の内側(中膜、内膜)に多く含まれ、その割合は実に50%に達します。
動脈には、血液を身体中に巡らせるために、心臓から強い圧力がかかるので、
それを柔軟に受け止めるには、伸縮性が必要だからです。
エラスチンの持つ伸縮性は、健康には欠かせない、滞りのない血流を支えています。

加齢などにより動脈のエラスチンが減少し、伸縮性が弱まると、血管が硬くなります。
これが動脈硬化へとつながります。
血管が硬くなると、血液が身体のすみずみ(毛細血管)まで行き届きにくくなります。
そうなると、心臓は血液をすみずみまで送り出そうと圧力を高めてきます。
これが、高血圧へとつながっていくのです。

靭帯(約80%)

「靭帯」は、骨と骨とをつなぎ、関節をかたち作っています。
ほとんどがエラスチンとコラーゲンからなる組織で、多いところでは約80%のエラスチンが含まれています。
関節を安定させ、ひじやひざを曲げ伸ばしするためには、伸縮性が必要だからです。

靭帯のエラスチンが減少すると、靭帯のしなやかさが失われ、関節の動く範囲が限られるようになり、運動機能の低下へとつながっていきます。
また、靭帯が切れやすくなり、靭帯を損傷しやすくなります。
ひざに痛みを持つ多くの方が「変形性ひざ関節症」だといわれています。
軟骨がすり減ることで生じますが、ひざ関節に安定性をもたらす靭帯の損傷が原因となっている場合もあります。

バスト [クーパー靭帯](約80%)

上向きのきれいなバストを支えているのは、「クーパー靭帯」=バストをかたち作る靭帯です。
このクーパー靭帯にもエラスチンが含まれており、バストのハリと丸みを帯びたかたちを保つことに役立っています。
靭帯は関節だけではなく身体全体に分布していますが、クーパー靭帯は特に美容に関わりの深い靭帯としてあげられるでしょう。

肺(約20%)

「肺」は言わずと知れた、呼吸をするための臓器です。
丈夫で伸び縮みが必要な肺には、エラスチンが約20%含まれています。
肺においても、エラスチンとコラーゲンがしなやかな組織をかたち作り、
正常な呼吸運動を支えています。

たとえば「肺気腫」は、喫煙などによりエラスチン(弾性繊維)が破壊されることで発生する病気であると定義づけられています。
エラスチンが肺においても重要な役割を果たしていることが窺い知れます。

エラスチン体内構成比率
erastin_img2

エラスチンを保つためには?

エラスチンの大敵のひとつに、紫外線があげられます。
紫外線は3月頃から上昇し、7月頃にピークを迎えます。
日傘や日焼け止めクリームで、しっかりお肌とエラスチンを守りましょう。

他にも、喫煙を控えること、ストレスをため込まないことなどがあげられます。
バランスの取れた食事を心がけることも、もちろん重要です。

また、お肌の新陳代謝が活発になるといわれるシンデレラタイム(夜10時~深夜2時)を意識することもお忘れなく。
夕食や就寝前にエラスチンを摂取し、早めの就寝を心がけることは、質の良いお肌づくりにつながるでしょう。

エラスチンは食べ物から摂れるの?

エラスチンが多く含まれる食べ物には、
モツ、牛スジ肉、鶏の手羽先、カツオ、軟骨などがあげられます。
しかし残念ながら、食材からエラスチンを摂ったとしても、
エラスチンとして体内に摂り込まれることは難しいと言われています。

しかし摂らなければ減る一方。
ここはサプリメントなど純度の高いエラスチンを摂り、補っていくことが、効率的な方法であると言えます。