ELASTIN

エラスチンとは

エラスチンは、体内に存在する弾力性をもった線維状のタンパク質で、コラーゲン同士をつなぎとめる働きをしています。

ハリ、弾力といえばコラーゲンを浮かべる方が多いと思いますが、エラスチンなくしてはコラーゲンは役割を果たすことができず、

ハリや弾力を保つことができないのです。

 

ところがエラスチンは年齢による減少が急激で、26歳をピークに40歳で肌の中のエラスチンはほとんどなくなってしまいます。

エラスチンが失われた部分はコラーゲンが崩れ、その部分がしわやたるみになります。

 

体内では血管や子宮、靭帯など伸縮を必要とする部位にエラスチンは多く含まれ、柔軟性を保つ役割をしています。

 

img02-clear

肌の中のエラスチンの役割

たるみやしわの原因は、ハリ・弾力にとって重要なエラスチン・コラーゲン・線維芽細胞が年齢とともに減少していくことが大きく関係しています。

エラスチン

真皮の中でコラーゲン同士を束ねている。エラスチンが少ないとたるみやしわにつながる。

コラーゲン

真皮の8割を占めている。コラーゲンが少ないとハリは保てない。

線維芽細胞

エラスチンとコラーゲンを生み出すお母さん細胞。年齢を重ねると生産能力が落ちてしまう。

肌の中のエラスチン量は26歳をピークに30代で約半分、40代でほぼ0になってしまいます。

img03-clear

身体の中でのエラスチンの役割

子宮

子宮の90%がエラスチンです。毎月の生理をはじめ、妊娠・出産で大きくなった子宮が戻るのもエラスチンの働きです。エラスチンの摂取により、子宮のトラブルの改善や、妊娠出産の報告も寄せられています。
※個人の感想であり、効果を約束するものではありません。

靭帯

靭帯の80%がエラスチンです。エラスチンの減少により、バストを支えるクーパー靭帯が伸びるとバストの下垂や削げにつながります。また膝の痛みに多い膝関節症も膝の靭帯のエラスチンの減少が関係しているといわれています。

血管

血管の50%がエラスチンで、エラスチンの減少は高血圧、動脈硬化、静脈瘤を招きます。最新の研究でエラスチンには血圧を上げる酵素の抑制効果があることがわかってきました。

肺の20%がエラスチンで、肺の収縮を助けています。肺気腫、慢性閉塞性肺疾患等の病気の改善事例も多く報告されています。
※個人の感想であり、効果を約束するものではありません。

img01-clear