体の内側からのアンチエイジング①血管とシミの密接な関係

私たちの体を網の目のようにめぐっている血管。

血管の硬化が高血圧や動脈硬化といった病気の原因になることは広く知られていますが、

血管が硬くなることでシミが増えるということはご存知でしたか?

 

動脈硬化の初期段階では、「エンドセリン1」というホルモンがでて血管を収縮させる指令を出します。

このとき肌のメラノサイトも同時に刺激されてしまい、シミができる原因にもなっているのです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、毛細血管は年齢とともに減少していきます。
 
 
血管全体の9割を占める毛細血管は、体中に酵素や栄養素、ホルモンを運搬するのですが、
加齢とともに毛細血管が減少することで、肌に十分な栄養が行き渡らなくなることもたるみやシワが加速する原因なのです。

 

血管年齢=見た目年齢
 
 
アンチエイジングは外側だけでなく、血管の若返りが鍵を握っています。
 
 
 
では血管のアンチエイジングってどうすればいいのでしょうか?
 
 
動脈の50パーセントはエラスチンでできていて、
加齢とともにエラスチンが減少することが、血管が硬化する原因です。
 
 
 
 
エラスチンは食べ物からは摂取できず、40歳を過ぎると体内で生成されなくなるのでサプリメントで補うのがオススメですが、
大事なのはエラスチンの種類。
 
 
選ぶポイントは
 
ヒトと近い豚由来であること。
 
そして抽出方法がアルカリ抽出であること。
 
エラスチン特有の現象であるコアセルベーションを起こすことが本物のエラスチンの証。
 
 
ちゃんと体内でエラスチンが不足しているところに届く本物のエラスチンを選びたいものですね。