エラスチンは豚由来がおすすめな理由

 

 今日のタイトルは

「エラスチンは豚由来がおすすめな理由」

 

 

「エラスチンって?」という方はまずこちらをご覧くださいね。

 

 

エラスチンには魚由来のエラスチンと豚由来のエラスチンの2種類があります。

 

魚由来のもののほうが多く、価格も安価です。

 

魚と豚でどう違うのか??

実は魚と豚のエラスチンでは組成が全く異なるんです。

 

こちらはヒト・豚・魚のエラスチンのアミノ酸スコアを比較したグラフです。

 

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、

 マグロのエラスチン

水色 豚のエラスチン

その他の色は性別も年齢も異なるヒトのエラスチンです。

 

図を見るとわかる通り、ヒトと豚のエラスチンは組成が非常に似ているのに対して、

魚(マグロ)のエラスチンは組成が異なっています。

 

 

足らなくなったエラスチンを補うには、ヒトに近い豚のエラスチンがおすすめです。

 

 

 

〔季令〕シリーズのエラスチンは、佐賀・鹿児島の農場で生産されたトレーサビリティーを持つ安全な黒豚を原料としています。

 

高純度エラスチンは一頭からわずか4グラムしか取れない非常に貴重なものなのです。

 

エラスチンのさらに詳しい見極めのポイントはぜひこちらをご覧くださいね。

本物のエラスチンの見極め方