エラスチンと高血圧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人の3人に1人が高血圧と言われ、

60歳以上ではなんと2人に1人が高血圧
と診断されています。

 


http://www.nissui.co.jp/academy/eating/06/

 

高血圧になると処方される降圧剤は上の血圧を下げるものの、下の血圧は下がりにくいといわれています。

ところが、エラスチンをとることで下の血圧が下がったという報告が、全国からたくさん寄せられてます。

昨年の5月にはエラスチンに血圧を上げる酵素を抑制する効果があるという画期的な論文が発表されました。

 

高血圧の何が怖いのかと言うと、高血圧を原因に生命に関わる脳や心臓の血管障害を起こしやすくなることがあります。

脳に関わる病気としては、脳卒中(脳梗塞、脳出血など)、

心臓では狭心症や心筋梗塞など。他には腎障害などが上げられます。

 

 

もう一つ注意したいのが、降圧剤と認知症の関係

 

国民病といわれるだけあり、少しでも高血圧だと簡単に降圧剤が処方されます。

降圧剤を飲むと、血圧は確かに下がりますが、血液の循環が悪くなることで、たくさんの血液を必要とする脳に血液が十分に回らなくなることが認知症の原因となっているという報告があります。
(命にかかわる高血圧で降圧剤を飲んでいる方が、自己判断で薬を中止するのは絶対にやめてくださいね。)

身近な人に高血圧の方、いませんか?

私の祖母は高血圧で何十年も降圧剤を飲んできました。

今は認知症で、施設に入っています。

まだ元気だった10年前に季令を作っていたなら今と違う未来だったかもしれない・・

そう思わずにはおられません。

 

高純度エラスチンは肌をきれいにするだけではなく、様々な病気の予防や改善の可能性があり、それこそが私がエラスチンを拡げたい理由でもあります。

日本の財政を悪化させている大きな要因は医療費負担ですが、高純度エラスチンには医療費の削減と健康寿命の延伸ができる。

高純度エラスチンを摂ることが当たり前の世の中になった先に、そんな未来を描いています。