バストアップに必要な6つのこと

季令を選んでいただくきっかけは様々ですが、バストのお悩みがきっかけという方も多くいらっしゃいます。

バストアップにはエラスチンが欠かせない理由はこちらから

バストアップとエラスチン

 

「季令エラスチンカプセル」や「季令バストクリーム」をご使用していただき、バストアップ効果を実感いただける方は非常に多いのですが、バストアップにはエラスチン以外にもポイントがあります。

そこで今日は、バストアップには欠かせない“6つのポイント”をご紹介します。

 

 

1 「姿勢」 猫背や骨盤のゆがみはバストアップの大敵

 

猫背や巻き肩の方で、バストが綺麗な方はほとんど見かけません。

姿勢が悪いと血流やリンパの詰まりにつながり、必要な栄養分がバストに届きにくくなります。

正しい姿勢を知るには、図のように壁にかかとをつけて立ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

胸を開こうとすることで反り腰になる方もいますが、骨盤のゆがみにつながるので、骨盤が地面と平行になるように意識しましょう(お尻を下げるイメージ)。

 

2 「水」 バストに栄養を運ぶ

 

どれだけ身体に良いものを摂っていても、水分が摂れていないとバストに栄養が届きません。

バストに栄養を届けるのは血液です。水分を摂ることで、血液をサラサラにして体のめぐりを良くしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 「食事」 バストアップごはん

 

バストアップには、良質なたんぱく質と生野菜、鉄分がおすすめです。

たんぱく質はバストを育てる栄養源。

生野菜に含まれるカリウムは、腎臓の働きを助けて、血流促進によりバストに栄養が届きやすくなります。

鉄分には酸素や栄養の循環をスムーズにする役割があり、バストに栄養を届けるうえで欠かせない成分です。

 

“日々の食事でバランス良く”が理想ですが、忙しい方におすすめなのは、サラダにツナや鶏肉、卵などのたんぱく質を加えたサラダプレート(バストアップごはん)です。

 

簡単に作れて、美容にもバストアップにも効果的です。

 

 

4 「睡眠」 良質な睡眠でバストアップ効果を高める

 

睡眠中の成長ホルモンの分泌量は、実に一日の50%以上を占めます。

良質な睡眠はバストアップをはじめ、美肌や心身の安定にもつながります。

睡眠の質を高めるために、

・睡眠直前のスマートフォンの使用は避ける

・ゆっくりと湯船に浸かる

・瞑想やストレッチをする

など、できることから取り入れてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5 「血流改善」 冷えはバストアップの大敵

 

血行不良による冷えは、バストへの栄養分、ホルモンの運搬を妨げるためバストアップの大敵です。

痩せすぎによる栄養不足も体内で熱が作られなくなるため、冷えにつながります。

血流を改善するには、ビタミンEやたんぱく質、辛味成分のショウガやにんにくも効果的。

身体を冷やす白砂糖やカフェイン、小麦の摂りすぎには気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6 「下着」 正しいブラの選び方

 

バストを支えるブラジャーが身体に合っていなくては、バストアップはできません。

特にバストを大きく見せる分厚いパッドは、バストをつぶしてしまいます。

 

おすすめは、

①ワイヤーが身幅までくること。

②L字型ではなく、U字型を選ぶこと。
 血流を妨げるような、締め付けるものもNGです。

③理想的なバストトップの位置は肩からひじの真ん中。

上記のポイントと今のブラを照らしあわせて、身体に合ったブラを選んでくださいね。

 

 

1~6すべてを同時に実践するのは難しくても、どれか1つでも生活に取り入れることで、バストのお悩みは解決していきます。

その中で、「季令エラスチンカプセル」と「季令バストクリーム」は、バストのボリュームアップや形を整えるうえで心強い働きをしてくれるはずです。

写真左:季令バストクリーム 150g 9,600円(税込10,560円)  写真右:季令エラスチンカプセル 100粒 16,000円(税込17,280円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 購入はこちらから